マトりョーシカ制作〜3(色入れ)

みなさまこんにちは ROMINOです

前回はウッドバー二ンぐの線入れをしてヤスリがけ〜

絵の具を入れる前に下地を塗り、乾燥させたところまででしたね。

いよいよ色入れの工程にはいります

 

🌸 水彩絵の具と水彩色鉛筆で色を入れましょう 🌸

 

🌸 材料(透明水彩絵の具 水彩色鉛筆)

 

さて、色入れに入りますがいきなり目当ての色を入れてもいいんですが

目的の色を入れる前工程があります

今回はかぶり物を赤に決めました。その場合下地にピンクを入れます

こうすると重ねて赤色を入れていくと深みのある色で出るからです

もちろんシンプルに最初から赤色を入れてもOKです

 

 

後ろ側はピンクを入れた状態で、手前側はピンクの上に赤色をのせたものです。

下地に薄い黄色を乗せると、オレンジがかった赤色になります。

 

🌸ワタクシが好んで使う水彩色鉛筆です🌸

castellは水をさしながら塗る事ができ、文字通り水彩絵の具の効果があります

発色が美しくポップな色合いを作りたい時便利です

このほか素晴らしい水彩色鉛筆が多数ありますので、画材屋さんで探してみてください

お値段もまあまあしますから最初はバラ売りから試してもいいかもしれません

使ってるうちに自分の好みに出会えるはずです

マトリョーシカの色入れのコッは急がない事です

これはアクリル絵の具を使う場合は別なので注意しましょう

アクリルは乾燥が早いので、ゆっくり時間をかけたい場合には向きません。

描く種類や絵柄にもよるでしょうね

今日はここまでです (^_-)-☆ 次回は色入れ仕上げに入りましょう〜つづく

ROMINOでした

 

スポンサーサイト

コメント