寂しい生活(本)

みなさまこんばんは ROMINOです

今日紹介するこの本はタイトルから想像できないいわゆる(シンプルライフ)の提案本。

稲垣えみ子さんはあるテレビ番組で紹介されてた方で部屋にはほんとうに何もなくて

カーテンすら必要なしと判断したすごい女性です

こんな原始的な、、(失礼)暮らしを実現してるなんてすごすぎます

冷蔵庫なし、テレビなし、(まあこれくらいなら耐えられますが)クーラーなしストーブなし

なにもなし!なし! もう笑うしかありません

危険ですから安易にマネをしないで下さい、とテロップが出てもおかしくないです

ほ〜っ、とか。 え〜っ、とか。 読んでるとそんな声しかでません

そりゃあ昔の生活を聞けばこの本の中とそう変わらない時期もあったでしょうが

いくら断捨離時代とはいえ、何もここまで修行しなくてもねえ、なんて思ったりして。

んじゃあ、なぜおススメするのか。ズバリ笑えるのデスよ

寒い冬に自分の部屋で外着でくらす様子とか暑い夏に人間がどこまで暑さに耐えられるかなど

ほぼ人体実検まがいの事がたんたんと描かれているのです

個人的には小さなグリーンやお花くらいは飾ってもいいんじゃないかあ、と思いますがね

 

は〜、、。さいきんワタクシのマイブームはおうちの中のお片付けでしたから

テレビで拝見しただけじゃあきたらず本を購入したというわけ

相変わらず我が家には得体のしれないコーナーがたくさんあります

🌸商店街(柱の物)  🌸 〇ザ〇ャ(押し入れ) 

その他べッドサイドにはぬいぐるみのネコやらウサギやらシロクマがいるし

人口二名それぞれのおもちゃのたぐい、、などなど。

 

おそらく年計画で取り組むんでしょうね

物入れに詰めこんでるものを外に出すとその分量にガ―――ン!となりまする

断捨離=心の整理なんだとか (そうよねえ)( ;∀;)

まあ我が家は稲垣さんのようにはいかないでしょうが、やり続けますよ。とほほ

 

ROMINOでした

スポンサーサイト

コメント