テディベアの型紙を作る方法

おはようございます ぬいぐるみ制作のwakkaです。

 

今日はテディベアを型紙から制作したいなら!(勉強本のご紹介です)

この本はジャパンテディベア協会から発行された本でイギリスの作家が制作したもの。

ワタクシがテディベアを本格的に作ろうとした時に師匠から勧められた一冊です

 

この方はぷっくり系のベアを特に好んで制作してるようです。

ジョイントが大きい(30弌砲らいので作るので初心者に向いてるかは疑問です

ワタクシは腱鞘炎持ちなので30个鯤弔瓩襪里呂靴鵑匹ったのを覚えております。

なにしろまずは本の中を研究しながら実際に作って練習を繰り返すのが大切ですね

 

🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸  🌸

 

じゃあwakkaはどうやって型紙作りをしているか。。

 

🌸紙の上に作りたいベアをおおよそデッサンする

🌸作りたい身長、幅、バランスを考えて製図する、(ここで型紙を作る)

🌸仮縫いしてみる(もちろん綿詰めもジョイントも締める)

🌸違うな、と思ったら(あと数ミリ幅を太く、手を長くなど修正)

🌸また仮縫いしてみる。。の繰り返しです

🌸この繰り返しを何度となくします(根性でやりましょう)

 

色んなやり方がありこれが正解はありませんが、重要なのは形にしてみる事です

生地を縫い終えても綿詰めするとガラリとイメージが変わるものですから。

そして何度も作っているうち自分はこの感じだわ♪という感覚が出てきます

簡単には説明できません(自分のイメージは自分の中にだけあるわけだから)

 

🌸色んな可愛らしいベアがありますよね

でも自分のイメージをどんどん膨らませていって下さい

きっと少しずつ近づいてきてワクワクすると思いますよ

ワタクシの型紙はこんな風にバスケットに収納していつでも取り出せるようにしています。

今まで試し縫いした型紙はおそらく100枚を軽く超えてると思います

その型紙のほとんどが失敗したもの

でもそのおかげで自分のイメージに近づいてきた型紙がバスケットにいます

この他にもバインダーに入れたトライ中の型紙も入れるとすごい数になりますね

 

ぜひ皆様にもトライしていただきたいと思います

自分の型紙は世界に1つだけです(つまり世界で1つきりのベア)ですよね

作り終えてベアの顔を見ると(は じ め ま し て)と言う声がする気がします

おもわず(二ンマリ)(´ー`) 

 

テディベア作りはとても奥深くて楽しいものです

最初は本などの型紙で制作しても十分楽しめますが、ぜひ自分の型紙を作ってみて

自分だけのベアと対面して下さい

🌸コツは失敗を怖がらない事です🌸

 

wakka

 

 

1